ガスと電気はどっちがお得?
2016.05.26

subimg05給湯器にはガス式と電気式があります。どちらも使用用途に応じてメリットがあります。まずは、ガス式ですが一番普及しているタイプになり、アパートやマンションでも使われています。使用用途としては、お風呂やシャワーのほか、床暖房等にも使われています。必要な時にすぐにお湯が出せるのがメリットの一つです。そして、使用目的に応じて給湯量を選ぶことができます。お風呂だけに使うのであれば、16号タイプで足ります。しかし、家族が多くお風呂にお湯を入れながらキッチンでも使いたいとか、床暖房にも利用するというのであれば24号タイプなど大きいものでないと力不足になることもあります。そのため、製品を選ぶときにはどのくらいの量のお湯を使うのかを計算して決める必要があります。そして、設置が容易であるというメリットもあり、既存のものと交換するのであれば3万円程で行うことができます。もちろん、スペースの関係もあり加工が必要な時にはその分も必要になるので事前に見積りをしておく必要はあります。

そして、電気式は使用用途が限られることがあり、あまり多くのお湯を早く作ることができません。しかし、導入コストもかなり安く使用目的によってはこちらのほうがお得に使えます。まず、使用用途では小型のタイプであれば手洗いや食器洗いなどに使えます。そのため、オフィスの給湯室やトイレなどに設置されることが多いです。そして、お風呂に使うこともできますがパワーが低いためお湯を張るのに時間がかかります。そのため、シャワーしか使わないという人には少し大きめのタイプにすることで無駄なく使えます。そして、瞬間式と貯湯式があり手洗いなどに使うのであれば瞬間式が使いやすいです。蛇口をひねるとすぐにお湯が出てきます。それに対して、少し多めに使うという場合には貯湯式のほうが使いやすいです。ある程度お湯を貯めてあるため、シャワーに使う時に十分な量を使うことができます。

このように、使用用途に応じてどちらが良いのかを選ぶことが必要です。因みに、給湯器の価格とすれば若干電気式のほうが安めになっています。取り付け工賃などもあまりかからないので、手軽に使いたいという人はこちらを選んでいます。逆に、一般家庭でお風呂など大量にお湯が必要なところでは、断然ガスのほうがお得です。お湯も存分に使えるからです。そして、ランニングコストからすると大量に使うのであれば、こちらのほうが安くなります。

▲ ページトップへ