エコジョーズとエコキュートって何?
2016.05.26

subimg04生活で利用するエネルギーとして、電気とガスが知られています。ガスは、調理用とお風呂などのお湯を沸かすときのエネルギーとして使われます。調理用であったり、お風呂を沸かすためだけであれば大きな問題はありません。その都度ガスを使用することになります。一方、あらかじめお湯を作って置く場合には、それぞれの家庭で選び方があります。この時に使う機器が給湯器になります。お湯を使う量によってサイズが異なり、一人暮らしや少ない人数であれば16号でも問題ありません。シャワーのみ、キッチンのみなどで使用する場合です。一方、家族が多くなってシャワーとキッチンの利用を同時に行う場合、サイズが大きくないとお湯が突然水になることがあります。20号や24号などを選ぶ必要が出てきます。お風呂なら追い炊きができるかどうかもポイントです。

その他に大事なこととして、エネルギー効率があります。一般的なガス器具は、あまりエネルギー効率が良くないとされています。水が通る管を加熱してお湯を作りますが、その時にどんどん熱が逃げる構造になっています。そこで利用したいのがエコジョーズと呼ばれる仕組みです。エコジョーズとは、余った熱を利用することで、熱効率をアップさせています。まず水は、余った熱を利用して少し加熱されます。そして目的の温度になるようにガスを使って加熱をします。これまでは水の状態からいきなり目的の温度になるようにしていたので、かなり熱量が必要でした。でも、エコジョーズの場合は、最初に排熱を利用して軽く温められているので、それほどガスを使わなくても加熱ができます。同じ量の同じ温度のお湯を作るのに、少ないエネルギーで済ませられます。

その他にガスを効率的に利用する方法としてエコキュートがあります。こちらは、通常の加熱の仕組み以外に別の仕組みが追加されます。それはヒートポンプと呼ばれる仕組みです。冷蔵庫では冷媒を圧縮して温かい空気を冷たくして物を冷やします。その逆の動作を行うヒートポンプユニットが内蔵されていて、それを用いて一時加熱をします。水はまずヒートポンプによって加熱され、さらにガスによって加熱されることで目的の温度のお湯を作ることができます。エコキュートとは、空気の熱をくみ上げて利用する考えにあります。自然にある空気をうまく利用することによって、ガスをできるだけ使わなくて済むようにしてくれます。冷媒として使われるのは、自然にある二酸化炭素になります。

▲ ページトップへ