エコにこだわった給湯器選び
2016.05.26

subimg02給湯器には、ガスタイプと灯油タイプとハイブリッドタイプがあり、それぞれメリットがあります。まずは、家族のライフスタイルに合わせてどの製品がいいのかを決めることが必要です。家族の人数や使用目的に応じて出湯量が異なるので、目安にすることが必要です。そして、各社いろいろな機能がありますが、こだわりの性能がそれぞれあります。基本的なものでは、追い炊き機能が付いているものや自動湯はりができるタイプがあります。選び方としては、キッチンやシャワーだけを使うのであれば給湯専用器で十分です。そして、このタイプだとガスのタイプが一番手軽に設置ができメリットがあります。

そして、家族が多いところだとお風呂に入る時間帯もバラバラなこともあり、追い炊き機能がついているタイプにすることが必要です。多くの家庭で使われているタイプで、必要に応じてお湯はりや追い炊きをすることができます。しかも、リモコンが付いているので給湯器の近くでなくても操作をすることができます。

そして、床暖房にも使いたいという人には床暖房も対応しているタイプを選ぶ必要があります。特に暖房をそれだけでカバーしたい人は出湯量が多いタイプを選びます。それを号数で示していますが、24号タイプにすることによって床暖房を使いながらお風呂を沸かしたりシャワーなどもいっしょに使うことができるパワーがあります。しかし、最初にもあったようにシャワーなどあまり出湯量が必要ない場合には16号で十分なパワーがあります。そして、エコのためにもハイブリッドタイプを選ぶ人が多いです。ハイブリッド式はガスと電気を使って効率よくお湯を作る仕組みです。初期導入にある程度の費用は必要になりますが、ランニングコストが低いため普通のガス給湯機に比べて40パーセント以上も消費を抑えることができます。もちろん、二酸化炭素の排出量も抑えられるためエコにつながります。特に、床暖房にも使う家庭では導入することによってかなりの暖房費を削減することができます。そして、メーカーによって装置の大きさや性能が異なるのできちんと比較をして選ぶ必要があります。太陽光発電も行っているのであればハイブリッドタイプと連携をさせることでより効果を実感できます。製品によっては停電時にもある程度の量のお湯を作れる仕組みのものもあり、緊急時にも使えるのでそちらを選ぶことで安心して生活ができます。因みに設置費は業者によって違いますが、20万円から60万円というのが相場になっています。

▲ ページトップへ