オリジナルで独自のTシャツを作るととてもいいことがあるのです

Tシャツ オリジナル

Tシャツをオリジナルで作ると聞くと、学生時代のクラスTシャツや、部活動・サークルの団結したTシャツを思い浮かぶと思います。しかし集団で制作するだけでなく、個人でTシャツを作ることもとても人気があります。今はネットで簡単に作れるので、編集も注文もとても簡単です。文字のデザインや大きさ、色合いなど、選択できる操作はたくさん。プリントしたい箇所や位置取りも微調整できるのでデザインのイメージもしっかり反映できます。文字だけでなく、スマホなどで撮影した画像も使用でき、フリーイラストもあります。店頭で選ぶような、首元の形状や、服の生地、パーカーやポロシャツなど自分好みのさまざまなものができます。おうちで飼っているペットのお写真や、家族の写真などを印刷して大切に着られている方もいます。

何十枚もオーダーしなくても、一枚から作れるのだろうか

オリジナルTシャツは、業者によっては一枚からオーダーできます。自分で道具をそろえて制作することも可能ですが、業者に注文することで、クオリティは格段に上がります。金額的に比べてみても、一般的には「シルクスクリーンプリント」というもので発色がとても綺麗なもので、どんな素材にもプリントできます。このシルクスクリーンプリントは、使用したい色の数によって最終的な値段も変わってきて、製版代もかかります。綿素材には「インクジェットプリント」というものも使えます。こちらは何色でも値段が変わらない所が多いので、注目してみてこだわりに合わせて、そういう所も選ぶポイントです。完全オリジナルで世界に一枚だけのものを作るのは、とても嬉しくなります。納品も早いですが、もしかしたらTシャツの値段や送料が多くかかる場合がありますので、確認をして業者選びをするといいでしょう。

個人のファッションの幅も広がり、将来の夢や未来も広げられます

ブランドのある衣服メーカーに依頼して、世界に一つのTシャツをオリジナルで作ることもできます。そのメーカーの衣服にお気に入りのデザインを加えて、自分だけの商品を作れます。学生時代のTシャツは、仲間とたくさん着ることができても、将来は外出向けより室内で使用することが多くなりがちです。しかし大手メーカーのブランド服そのものに、自分のカスタマイズでオーダーできるのは、売られているものと変わらないクオリティーがあり、外出時に着ることができ、プレゼントにももってこいです。また、オリジナルのウェアもそうですが、販売を見据えたTシャツ作りをサポートしてくれるサイトもあります。制作段階から、販売、そして展開の仕方まで難易度の高い技術と経験から相談して打ち合わせができます。信頼も厚く、個人のアーティスト活動から、ブランドにつなげていくことまで夢を追っていけるということで、夢を現実に近づける手助けにもなります。